価格: 648 円
ポイント: 600 pt
ページ数: 196ページ
レーベル:
カテゴリー: 美少女コミック
ジャンル: 官能
シリーズ:
レーティング:
リリース日: 2014/03/04
言語: 日本語
出版社: 蒼竜社
著者: ゆきやなぎ
コピーライト:


金曜日の人魚姫


ゆきやなぎ
もしも、いつも見慣れた自分の姉貴が突然巨乳になって、悶えていたらどうしますか?
それもエッチをしながらミルクを絞られるのがたまらない!なんてよがられたら、
弟の俺としちゃあ「そのミルク飲みてぇ」なんて言っちゃうでしょ普通・・・「姉しぼり」

「桜が綺麗ねぇ」と屋上にて、自分が顧問になった文芸部の部長へ話しかける新任の女教師。
浮かれている教師の本質を見ぬいている狂気を含んだ女生徒の眼差しがそこにある。
欲望を手足のように操り、ついに野獣のような男子生徒達を女教師にあてがう儀式を始める。
「まるで乳首の先がクリトリスみたいでしょ」と言葉責めで強制エクスタシーを・・・「桜の頃」他、
軽快そうに見えて、たっぷり濃いエロスの風に吹かれてみませんか。
*
立ち読みする

閲覧可能デバイス
PC iPhone iPad Android

ユーザーレビュー

この作品のレビューは、まだありません。

ゆきやなぎ 先生のオススメ作品

*
いやらしい夢